僕が借金を膨らませた理由

借金完済ブログ

僕の借金の内訳

僕は3年前から借金をしていました(2008年当時)

借り始めは消費者金融1社で10万円でしたが、今じゃ5社で
280万円の債務を抱えています。

加えてクレジット会社2社のキャッシング枠で50万円。

計7社で330万円の借金があります。

スポンサーリンク

借金を膨らませた理由

パチスロ

当時はパチスロの隆盛期で仕事帰りも休みもパチンコ屋に通っていました。

当時のパチスロはハイリスク・ハイリターンで出れば一獲千金の機種が多く、ドル箱を積むことを夢に打っていました。

冷静な分析もせず、ムキになって打っていた僕は勝ち越すことも出来ず負けも相当大きかったです。

負ける→消費者金融から借りる→たまに勝つ→大きく負ける→また借りる

の繰り返しでした。

デート代

加えて彼女(今の嫁)のデート代も大きかった。

彼女は当時、おねだりばかりで本当に金銭的にも精神的にも負担が大きかった。

ある日、また彼女からおねだりをされてモノを買ってあげることになった。

前日にスロットで大きく負けて給料日まで一文なし。

そこで軽い気持ちで○イフルから10万円を借りてしまった。

「そんなにお金無いよ!」

と彼女を叱れば良かったと今になってみれば思うのですが、当時は年上としての見栄、嫌われたくない気持ちから言いなりになっていました。

飲み代

ある日、会社の先輩からお酒のお誘いがあり、初めてその方と飲みに行った時の事。

いい雰囲気のお店に連れて行っていただき、二件目にはキャバ嬢のいるようなラウンジへ。

しかし、この時のお酒の飲み方が偉く気に入り、どんなにお金が無くても嫌なことがあれば個人的に通うようになりました。

飲み代が1万、帰宅するための代行代が5千円、一晩の飲み代が計1万5千円。

週一で行ってたので、月に6万円くらいは飲み代に使っていたわけです。

借金を膨らませた心理

僕みたいなだらしない人間が消費者金融からお金を借り始めると「借金=貯金」みたいな感覚になってしまいます。

つまり、キャッシングカードを持って消費者金融のATMにいけば、銀行からお金を引き出す感覚で借りてしまうわけです。

利用可能残高=自分の貯蓄額

と勘違いし、利用可能残高を見れば「まだこれだけ使える」と錯覚してしまう訳です。

今、自分が借金をしているという感覚はなく、銀行からお金を引き出している感覚になります。

加えて、当時の消費者金融は利用者の借入額をもっと増やしたいために、利用額幅の増額を勧めてきます。

その勧めに乗った僕はどんどん利用額を広げてしまい、しまいには150万円まで広がってしまいました。

もっとお金が使えるという感覚でした。

補足:当時は鬱気味だった!?

今思えば、当時の仕事の状況や彼女との付き合いにおける心理的負担から鬱気味になっていた可能性もあります。(後に鬱になりますが(笑))

1人で抱え込んで、その悩みを紛らわすためにパチスロや飲み代に使うために借金をしていたかもしれません。

コメント