小室哲哉氏の借金地獄

こんばんわ、たかしです
いつもは月に1・2度くらいしかブログを更新しない人間が
珍しく1日に2度の更新。奇跡です(笑)

たまたま小室哲哉氏のニュースを読んでいたときに
小室哲哉氏が借金地獄に陥っていた経緯を読んでいて
非常に自分と似ていることが分かり、このブログを書いてみました。


小室哲哉氏が大きな借金地獄に陥った理由は
「結婚」「見栄っ張り」という2つのポイントがあったと思います。

「借金だらけでもセレブ気取り豪遊…小室の散財に妻の影」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090122-00000012-ykf-ent

小室氏は業績の悪化から結婚前にはすでに借金を抱えていたと思います。
そして結婚後、さらに借金は大きく膨れた

それを引き起こしたのは小室氏の「見栄っ張り」な性格でしょう。

ニュースにもありましたが、小室氏は「KEIKOに苦しい、つらい、厳しいという思い
をさせたくなかった」と書いてある。自分の懐がヤバい状況にもかかわらず、奥さんの
KEIKOへの高額なプレゼントをしていたという

多分、「お金が無い」と言えなかったのでしょうね

僕も同じ「見栄っ張りの性格」なので気持ちが痛いほど分かります

僕の借金のきっかけも「今の嫁」でした

ここで嫁の名誉のために一言書いておきますが、この借金は僕が勝手にやったことであり
嫁から指図されてやったのではありません。悪しからず

嫁はそのころ、学校卒業後に就職した会社を辞め、地元に戻ってきたのは良いものの
中々仕事にありつけず、精神的にズタボロの状態でした
僕はそのことを気にかけていて、何とか気を紛らわしてあげたい一身で、
仕事が終わってからもどこかで外食をしたり、休みの度にどこかに連れて行く
もちろん無職の彼女にはとても払うお金が無いので、デート代や食事代は
僕が持つ、という生活を続けていました

しかし、そんな生活が3ヶ月とも続くとだんだん余裕がなくなってきます。
しかも、そのころの自分は大のパチンコ好き。
そのギャンブル好きの自分も今思えば馬鹿だなと思うんですが。。。
そんな生活を続けていれば、親に言うことも出来ずに
消費者金融に頼ってしまった分けです

彼女が苦しんでいるというのに、お金が無いために何もしてあげられない
ということが出来ず、借金をしながら遊びに行ってたわけです

まあ、きっかけは嫁ですがその後の借金を作ったのは
もちろん僕のパチンコ、飲み代です

ということで、嫁は一切悪くありません(笑)

小室氏も同じ気持ちではなかったのでしょうか?
僕も言いづらかったですもの、お金が無いなんて。。。
見栄っ張りは損ですな

でも、このニュースでひとつ気になったのは
「KEIKOが高額のプレゼントをもらい続けて不審に思わなかったのか?」
というところです

後で聞いたことですが、うちの嫁は付き合っているときに
自分の金遣いに対して
「なんでそんなにお金持っているんだろう?」
と不審に思ったそうです

そりゃそうですよね?
僕の場合だとしがないサラリーマンが
一回のデートに2・3万円出したり
毎日の外食などをおごっていたりして
本当に給料だけで間に合っているのか?
と思うはずですよね。
まあ、そのときは
「今日はパチンコで勝ったから」
なんてごまかしていましたけど
実際は消費者金融を駆け込み寺にしていました。

KEIKOも同じように不審に思わなかったのでしょうかね?
そこだけが腑に落ちません

コメント